CSS

憂うつと困惑

我が家のセキセイインコ
チッチは今日はちょっと憂うつ。

というのも今日の放鳥は
チビたんと一緒だったから。
お陰で普段より
F1000359_20080219194703.jpg
スリムボディのチッチ。

チッチはちょっとでも不機嫌な事があると
スリムボディに早変わり。
何とも羨ましい仔です。

いつもは
もっとフワフワのモコモコだというのにね。

一緒に放鳥されている
チビたんの動きが気になって
私と遊ぶ何処ろではありません。

とにかく
チビたんが動けばその度に
チッチの顔も上下左右に動き回ります。

でもチビたんは
私と一緒に居るチッチが気に入らない様子。
高い所からヒョイッと降りてきて
チッチを追いやってしまいました。

奇声を発しながら
追いやられてしまったチッチは
吊る下げタイプの
F1000360_20080219194722.jpg
収納棚へ避難し、
これまたジッとチビたんの行動を観察。

どうしてこんなにも
チビたんはチッチを
追いやってしまうのでしょうね?

毎日接している私でもこれは悩みの種なのですが
当のチッチは最近のチビたんの行動に
ちょっと迷惑そう。

それでもチビたんを放鳥すると
チッチも一緒になってカゴから出たいらしく
カゴの中で暴れるんですよ。
チビたんに追いやられるのを
分っているハズなのに。

そしてチビたんが私から離れて
違う物に夢中になっている間に
チッチは再び私の元へと来て何かを訴えます。
F1000361_20080219194737.jpg
「ねぇ、どうしてあんなにもボクだけ追い払われてしまうの?」
それはね・・・。
私にも分らないのよぉ。・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・。

ごめんよぉ。・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・。
不甲斐ない飼い主で・・・。

チッチの行動も理解し難い時があるというのに、
更にチビたんの行動まで理解するとなると
私の頭の中はパンクしてしまいますわ。

多分私が思うに、
チビたんのチッチに対する行動は
ただのヤキモチだと思うんですがね。

しばらく私とお話をしていたチッチですが
その現場をチビたんに再び発見され
また追いやられてしまうチッチ。

そんなチッチを見てパパが

「またお前チビたんに追いやられてんのか」

と声をかけると
真っ先にパパの元へ駆け寄るチッチ。
F1000358_20080219194804.jpg
そしてちょっと仰け反りながらも
パパのお話をジッと聞いています。

パパとチッチが仲良くする分には
チビたんは追いやる事は無いのですが、
何故か私とチッチが遊んでいると
我慢ならないようですね。

チッチが追いやられてしまう原因が
私であることが判明いたしました。
何とも複雑な心境です。
やっぱり今後も別々に放鳥した方が良いようですね。

さて、
チッチを追い払ったチビたんは私にベッタリ。
でも最近のチビたんの擬似交尾抑制に試行錯誤している私は、
今日は何としてでも擬似交尾を不発で終わらせたい。

ということで
指を隠して「グー」にした状態でチビたんの前に置いてみました。
果たしてチビたんの行動は?
F1000362_20080219194824.jpg
かなり困惑している様子。
「キュンキュン」とか
「ヒョロヒョロ・ホロホロ~」と甘えた可愛い声を出して
「早く指を出して」と言わんばかりに、
しきりに私の指を刺激します。

そこで分った事は
チビたんは私の手を見て
スイッチがオンになるのではなく私の指先。

爪を見ると
発情のスイッチがオンになる事が分りました。

ということはですよ。

チビたんの前で
爪を隠しておけば行為には走らない。
と言う事ですよね?

そのように解釈した私は
しばらくこのままの状態を続け
チビたんの行動を観察することにしました。

するといつも以上に甘えて、
可愛らしい声を出して、
甘噛みしてみたり、
軽く突付いてみたり、
片足をチョコンと乗せてみたりと
必死になってご機嫌取りをしているように見える
チビたんの行動。

まるで機嫌を損ねたパートナーを
宥めているようにも見えますね。
チビたんって絶対、尻に敷かれるタイプですね。
亭主関白には程遠い仔のようです。

でもこれでハッキリしました。
指先を隠しておけば
チビたんは行為に走りません。
つまり擬似交尾を抑止する事が出来るのです。

♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪やった~!
これでチビたんの擬似交尾は
収まりを見せるだろう!

果たしてこの策がいつまで持つか分りませんが、
今日一日はチビたんは行為に走る事無く、
長い時間、
私の手に向かいご機嫌取りを続けていました。
その時のチビたんの可愛いこと。。。

私の胸がキュンとしちゃった一日でした。

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへペット専門ランキング★peet.in

スポンサーサイト

テーマ : セキセイインコ大好き - ジャンル : ペット

タグ : セキセイインコ インコ

2007/09/30 18:38 | わんぱくトリオCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

F1000357_20080219194628.jpg
お写真はチビたんの風切り羽です。
ちょっとブレていて見ずらいのですが、
実は今日起きてカゴの中を覗いたら、
チビたんの一番外側にある風切り羽に
異常が見られました。

大した異常ではないのですが、
多分私たちが寝ている時にカゴの中で暴れて
どこかに引っ掛けたのでしょう。
羽の先っぽが擦り切れていたのです。

なので外側2,3枚の風切り羽は
先っぽが変な風にちょちょ切れてしまっています。

他の羽に異常はないか。とか、
羽の下に隠れている部分に怪我などをしていないかと
心配になった私はパパと二人でチビたんを捕獲し、
調べてみる事に。

私が
チビたんを羽や足に気を付けながら注意深く捕獲し、
羽を広げてパパと二人で診察中の今日のお写真。

ちょっとブレてしまいましたが、
見ての通り羽の先っぽ以外
異常は見つかりませんでした。

セキセイインコのような小動物は
こうした小さな変化を見逃してしまうと、
後で大変な事になりかねませんので、
毎日しっかり観察し、
ちょっとした小さな変化も見逃さないくらいの気持ちで
日々インコ達に接しております。

それにしてもチビたんの体が何ともなくて一安心。
放鳥するといつものように真っ先に私の頭の上を占領し、
ご機嫌な雄たけびを上げては
すぐお気に入りの場所へ移動したりと元気いっぱいでした。

食欲も落ちる事無く、鳴き声も異常無し。
どこか痛いとか痒いとか
違和感を感じさせるような仕草も見られませんでした。

以前のしぃちゃんの事があってからというもの
ちょっと過剰な反応を見せてしまう私とパパ。

「でもそれくらいの方が何かあっても早期発見、
早期治療に繋がる事だから良いんじゃないか?」

とパパは私にいつも言います。
でもそうですよね。

人間のように
自覚症状を訴える手段を持たないインコ達にとって、
例え自分の体調が悪くても
丸くなってジッとしていることしか出来ない。
その小さなサインを見逃すわけにはいきませんからね。

インコ達にとって
ストレスにならないよう気をつけながら、
これからも観察を続け、
冬に向けての体調管理をしっかりやっていかねば!
と改めて思った今日この頃でした。

ちなみに今日の一件により、
チビたんに敵視されてしまったパパ。

診察後のパパに対する
チビたんの攻撃は素様しかったです。

もしかしてこの喧嘩で
怪我をするのでは?と思った私は
止めに入りますが、あえなく撃沈。

私たちは心配でやった行為であっても、
当のチビたんにとっては嫌な行為だったようで、
いつもは笑って見ているこの戯れも、
今日はチビたんのご立腹があまりにも激しかったので、
私も本気になって仲介してしまいました。

撃沈しましたが・・・。

それでもやっぱり
私の手を見ると大人しくなるチビたん。
チビたんのご機嫌取りは私の手でOK。
でも今日は擬似交尾はさせませんでした。

こちらは焦らしているつもりはなくても、
チビたんにとっては焦らされたと思ったようで、
最後の最後に私の腕に引っかき傷を残して
カゴに戻っていきました。

その頃チッチとシロチビたんはというと・・・。
我関せずでカゴの中で

「ハッハッハ~」

とこれまた微妙なタイミングで
笑い声を発しておりました。。。

冷たい!冷たすぎる!!
我が家のインコ達は
飼い主の私たちに対して冷たすぎますわ!!

これはちぃ~っと
躾をし直した方が良いかもしれませんね。

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへペット専門ランキング★peet.in

テーマ : セキセイインコ大好き - ジャンル : ペット

タグ : インコ セキセイインコ

2007/09/29 20:23 | ダブルチビたんCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

密着10分間

今日は普段から敵視されているシロチビたんに
10分間だけ密着してみる事にしました。
というのも最近のシロチビたんは
特に私に対して冷たい。
このままでは私が寂しい。

ということでシロチビたんに伝わるはずもないが、
きちんとこれから私が取る行動について説明をして、
それから携帯のカメラを構えていざ密着取材開始!
さてシロチビたんはどのような行動を取るのでしょうか?

なんて思った矢先・・・。
逃げられました・・・。
F1000354_20080219194453.jpg
「何あんたボクの事追い回してるのよ!!
こっちはあんたから逃げるのに必死なんだから
そこんとこもうちょっと理解してよね!」

なんて思ってるんでしょうかね?
今日の逃げっぷりは何時になく激しかったですよ。
でもそれで諦める私であはりません!

ですが実はシロチビたん。
私から逃げ回っていたのは良いのですが、
羽きりをされているため上手に飛ぶことができず、
逃げた先の上のお写真の場所から、
身動きが取れなくなってしまいました。

つまりは自分でその場から
動けなくなってしまったのです。

「これはシメシメ」と思った私は
すかさず愛の手を差し伸べますが、
そんな私の手に向かって

威嚇・攻撃・冷ややかな視線

を浴びせまくります。

ここまで嫌われると
何だか逆に開き直っちゃいますよね。

そんな私は次なる策を考え、
パパにシロチビたんを救出してもらい
再びカメラを構えてシロチビたんの前へ。
F1000353_20080219194515.jpg
「だ~か~ら~
ボクの何でそんなにボクを追い掛け回すの?」

とでも言いたげなこの表情。
私と向かい合えば良いものを、
私と目を合わせたくないシロチビたんは、
顔だけこちらに向けて目で訴えてきます。

しかしこの時私の頭の中では

「シロたんの風切り羽が
良い具合に透けて見えて綺麗だなぁ(*゜ー゜*)」

という
当初の目的とは全く違う事を考えておりました。

そんな私の思考がシロチビたんに伝わったのか、
シロチビたんは私から更に遠ざかり
F1000352_20080219194531.jpg
「だからさ、ボクは君の事好きじゃないんだよ
だっていつも一緒に居る緑の仔が好きなんだから
早くボクをあの仔のところに戻してよ」

とでも言いたげなこの表情。
自分が今乗っているタオルの下に
チビたんが居る事を知っているシロチビたんは、
何としてでも私から逃げ回り大好きなチビたんの元へ
戻りたくてしょうがないのです。

何ったってこの時、
チビたんもカゴの中で活発になっておりましたので
鳴き声が丸聞きこえだったんですよ。
だからシロチビたんもどんなに逃げ回っても
カゴの上を行ったり来たりするだけ。

それにしても我が家のセキセイインコ
シロチビたんはどうしてこんなにも
私を敵視するのかしら。

不思議でならないのですが、
チビたんの事を抜きにしても
ちょっと過剰なこの反応。

私知らないうちに
シロチビたんに何かしたのかしら?

携帯を構えてそんな事を考えていた
私の動きが急に止まったのが気になったのか、
シロチビたんは今度は自分から
トコトコ私のところに寄ってきてくれました。

「おぉっと!これは何とも珍しい・・・」

ということで再び手を差し伸べたら
F1000351_20080219194550.jpg
乗ってくれました!!
(゜ロ゜;)オォッ!?
どうしたシロチビたん!

ビックリしたものの、とりあえず
今日は自分から私の手に乗ってくれましたので、
ご褒美として大好きなチビたんの元へ
返してあげることにした私。

もしかしてこれを毎日続けたら、
シロチビたんは私に馴れるかしら??

「私に懐けば大好きなチビたんと一緒に居られるわよ」
的な躾。これどうよ?
でもこれって結局はチビたん絡み。

やっぱりチビたんが居ないと
私とシロチビたんの距離は縮まらないの?

我が家のインコ達は
個性や感情が豊かなのは良いのですが、
人間のように好き嫌いがハッキリ出てしまう
我が家のシロチビたんのような仔は、
接し方が難しいですね。

それでもやっぱり私はシロチビたんに限らず
他の2匹のインコ達もみんな大好きなので、
どんなに傷だらけにされようと、
どんなに冷たい眼差しを向けられようと、
これからも沢山の愛情を持って
接していきたいと思います。

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへペット専門ランキング★peet.in

テーマ : セキセイインコ大好き - ジャンル : ペット

タグ : セキセイインコ インコ

2007/09/28 21:12 | ダブルチビたんCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

元気すぎるのも考え物ですね

F1000350_20080219194328.jpg
我が家のセキセイインコ
チビたんは今日も今日とて
とっても活発&お目目が点になっていました。

セキセイインコって何かに夢中になると
目が点になってきますよね。
この目が私は密にお気に入りです。

さて、今日は
チッチ、チビたん、シロチビたん3匹全てを
同時刻に一緒に放鳥。

というのも昨日は
起きてからすぐ釣りに行ってしまったもので、
インコ達を放鳥する事ができなかったのです。
そのため今日は起きてお食事後に3匹揃って放鳥しました。

インコ達にとっては1日置いただけでも
久しぶりの放鳥となってしまうため、
この時のハシャギっぷりに私は圧倒されてしまいました。

何故なら・・・。

3匹揃って私を標的にし、姿勢を低くして
今か今かと飛び立つタイミングを見計らっているからです。
我先にとカゴから飛び立ち私の頭や肩を占領します。

でも
チッチとチビたんは
飛ぶことも着地も上手なので良いのですが。。。

シロチビたんだけは
何時まで経っても着地が下手くそ。

今日も案の定、
私の二の腕に思い切り爪を立てたまま
滑り落ちていくものだから、私の腕は
その時に付けられた引っかき傷でヒリヒリしております。

何時になったらこの子は
着地が上手にできるようになるのかしら。

まぁ
シロチビたんに至っては、私と遊びたいわけではなく、
チビたんを私に取られないために
私に纏わり付いてくるようなものだから
別に良いんですがね。。。

シロチビたんと私の距離は
今日になっても縮まりません。

ですが、最近
ホモでラブラブだったチッチとチビたんの距離も
開きつつあります。

最近の放鳥は
チッチとチビたんを別々にしていたので
それが原因かと・・・。

F1000349_20080219194349.jpg
以前はピッタリくっ付いて
体をクネクネさせる仲だったというのに、
今日は少々距離があるようですね。

互いの存在を忘れてしまったかのような他人行儀。

片方が少しでも近づけば片方はその分後ずさり。
逆に片方が引こうものなら片方は徐々に近づき。
何だか最初の頃に戻ってしまったような互いの存在確認。

お写真でも分るように、
この時の2匹は全く互いを意識しておりません。
この時2匹が気にしているのは私の手です。

1匹は遊び相手として。
1匹は擬似交尾の相手として。

我が家のセキセイインコ達に
私の手はそれぞれこのように思われています。

そのため放鳥時に少しでも手を隠そうものなら
必死になって探し回るか、私が手を出すのを
ジッとテーブルの上から待っているかのいずれかです。

まさしく上のお写真はその時の様子ですね。
このようにテーブルの淵まで来て
ジッと私の手が出現するのを
今か今かと待っているのです。

でもさ、
そこまで期待されちゃったら
逆に手を出しにくくなるというか・・・。

ではこうして2匹がテーブルの淵で待っている時に
私が突然手を出したらどうなるのでしょうか??
ということでヒョコッと手を出してみました。
すると・・・。
F1000348_20080219194410.jpg
案の定チッチはチビたんによって追い払われ
チビたんが私の手に乗って擬似交尾開始。
チッチが遠い・・・。と思っていたら

ちなみに
奥に見えている手はパパの手ですが、
横になっているパパの顔をジッと見ながら

「ねぇ、ボク追い払われちゃったんだけど
ママの代わりにパパがボクと遊んでくれない?」

とパパを誘惑中。

喉を「キュンキュン」と鳴らしながら
パパの顔をジッ見詰めています。

このチッチに根負けしたパパは
「しょうがねぇなぁ」と言いつつ
チッチの相手をしてくれました。

やっぱり今のパパはインコの誘惑でも堕ちますね。
チッチが時折発する、
あの甘えた声を聞いたらパパは無視できないらしぃです。
やっぱりチッチとパパって似てるかも。

そんな2匹を相手しながらも
ふと気になったのはシロチビたんの存在。
この時シロチビたんは何をしているのかと探してみると、
相変わらず高い所に登って私をジッと見下げておりました・・・。

しかも正面からではなく、横目で片目から・・・。
こ・・・怖い・・・。
顔周りが白いのに真っ黒いお目目だけが
ギョロッと私を見ているの・・・。

やっぱりチビたんと戯れているから?
でもさ、でもさ、
そんな顔して無言で私を睨まなくても・・・
良いのでは??

っちゅうかさ、
仲間に入れて欲しければ
シロチビたんも自分から来れば良いんだよ!
毎日毎日あの子に睨まれる私の身にもなってくれ!

と私が逆切れしたら、
いきなりシロチビたんが急降下。

見事に私のデコに着地し、
しかも下手くそな着地をし
デコに引っかき傷を残してチビたんの元へまっしぐら。

ということで
今日の負傷箇所は二の腕とデコ・・・。

いずれも
シロチビたんによって付けられたものです。
着地が下手くそなシロチビたんによって・・・。
私を敵視しているシロチビたんによって・・・。

ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへペット専門ランキング★peet.in

テーマ : セキセイインコ大好き - ジャンル : ペット

タグ : セキセイインコ インコ

2007/09/27 16:24 | わんぱくトリオCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

釣果

今日はペットのセキセイインコのお話ではなく、
管理人サキの趣味である釣りのお話です。
突然ですが私の趣味は釣りです。

本当はね船に乗って沖に出て
大物を狙いたいとは思うんですよ。
でもね船釣りはお金がかかりますでしょ。
休みのたびに釣りに行く私たちに
船釣りを楽しむだけの余裕は無いのです。

ということで
私たちが楽しむ釣りは岸からの探り釣りです。
狙うは根魚であるソイ・カジカ・アイナメなど。
更にその時期限定でスズキを狙ったりもします。

そして昨日はパパがお休みだったので
案の定私たちは釣りに行って来ました。
といっても今回の休日は1日だけ。

なので今回の釣り場は
我が家から車で片道1時間程度の場所。

夜9時過ぎの干潮に向けて釣りを開始すること数十分後。
ようやく魚の気配が。
でも時期も時期でありますので
大物を狙って釣れる訳がない。

というのも昨日の釣果は
ソイ・アイナメ・メバルの子供達が数匹でしたが、
素手で魚の表面温度を確かめると、
まだ思った以上に水温が高いんですよね。
この水温では大物はまだまだ沖から入ってきませんね。

それにメバルがあの場所で釣れる事自体
可笑しい事なんですよ。
メバルってスズキを狙いに日本海側に行くと
良く釣れるのですが、水温が低いところでは
生息していないんですよ。

なので昨日のように
太平洋側で釣りをしてメバルが釣れるなんて。。。

ちょっと可笑しいなぁ。。。
と思うのは私だけ?
でも時期も時期ですからね。

まだ根魚の大物を狙うには時期が早いので、
こんなもんでしょ。
ちなみに私が今まで釣ったアイナメの中で
一番大きいのは50cm。
a8d1_20070927011056.jpg
この引きを一度味わったら
それ以下のサイズを釣上げても感動が薄いですよね。
まぁこれは納得のサイズと言う事で、
お持ち帰りしてお刺身にして美味しくいただきました。
そのお写真が↓↓↓
823d.jpg

そして昨日の釣上げたソイは
ほとんどがミニミニサイズの赤ん坊。
何とか写真撮影できるくらいのサイズが↓↓
F1000347_20080219194254.jpg
サイズは勿論納得できるものではなかったのですが、
そこそこ引きを楽しんだのでまぁよしとしましょう。

これから本格的に根魚のシーズンになります。
私はこれから仕掛けを沢山作って
今後の根魚に備えますよ。
小物もいくつか購入してきましたしね。

ということで
これからが私にとって釣りシーズン本番。
今シーズンこそは
50cmを余裕で越えるアイナメを釣上げたいです。
でもって釣り仲間も沢山増やしたいですd(-_☆)

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへペット専門ランキング★peet.in

タグ : 釣り

2007/09/27 01:29 | 趣味COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»