CSS

長生きなノコギリクワガタとジャンボセキセイインコのおっけさん

チビたんがお亡くなりになってからというもの、
ジャンボセキセイの「おっけさん」は、
j1.jpg
チビたんが好きだったおもちゃと一緒に
静かな生活を送っております。

そんな我が家のおっけさん。

ひとり遊びが好きで、
鈴をつついてみたり、
鏡相手に首を上下させてご機嫌だったり、
おもちゃに蹴りや突きを入れてみたり、
せっかく食べた粟穂をオゲオゲしてみたり。

ようやくひとりの生活に慣れてきたようで、
部屋の中を飛び回るよりも
ケージの中で過ごす時間の方が好きなようです。

たまに、
私も一緒に遊んでもらおうと声をかけると、
j2.jpg
こんな顔。
ジャンボセキセイといったら
何といっても、ふてぶてしい目元。

この半目しか見えていない目元が好きで、
しかも止まり木が私の目線より高いから
上から見下されてる状態w
相変わらずこのアングルが大好きな私。

そんなおっけさん。
最近では
j3.jpg
触らせてくれるようにもなりました。
喉のあたりは親指の爪がスッポリ毛に埋もります。
しかもホカホカ温かい。

でも、
触られているときの表情は
いつも迷惑そうw

なんか、
手が伸びてきたから仕方なく触らせてやるか。
というのが見え見えな感じで、
そんなところもまた良し。

それでいて、
私もパパも部屋から居なくなると
うるさいくらいに呼び鳴きをします。

なのに、
近づいて一緒に遊ぼうとすると
ツンとソッポを向く…。

意思疎通がまだちょっと。。。
ちょっと寂しい飼い主2人。


※オマケ
おっけさんは普段、
厚さ5mmのアクリルケースの中で暮らしています。

アクリルケースの中では
2016年の去年、野外採集してきた
ノコギリクワガタがまだ健在なので、
その仔も一緒に暮らしています。
j4.jpg
こんな感じ。

使用しているアクリルケースは、
悩みに悩んで、おかもちタイプにしました。

観音開きとか、片開きなどがあったのですが、
私は楽天で、



これのサイズ違いを購入。
オーダーメイドで作ってくれるお店なので、
希望サイズや穴の数などを相談できます。

が、ちょうどセールで
欲しいサイズが安くなっていたので、
私はそれをチョイス。

お値段お高めですが、
散らからない、防音、防寒、掃除が楽。

中でも防寒に関しては、
ノコギリクワガタが未だ生きられているので、
相当効果は高いかと。


※オマケ
アクリルケースの中で同居中の
ノコギリクワガタと、おっけさん。

スポンサーサイト

2017/04/01 11:20 | ジャンボセキセイインコTRACKBACK(0)  TOP

年を越せなかったチビたん

昨日29日、
セキセイインコのチビたんが虹の橋へ。

食欲は落ちることなく過ごしていたのですが、
数日前から止まり木に乗れず床で過ごす日々。

ジャンボセキセイインコのおっけさんとは別に、
保温していたものの最期は静かに息を引き取りました。

本当にスッと逝っちゃうんですよね。
チッチのときもそうだったけど。
昨日の夕方埋葬してきました。

ということで、
2017年はジャンボセキセイインコのおっけさんのみ!
となります。

来年もよろしくお願いいたします。

2016/12/30 08:29 | チビたんTRACKBACK(0)  TOP

暑いとまったり過ぎるジャンボセキセイインコとセキセイインコ

ジャンボセキセイインコの「おっけさん」。
電話で友人に「ナゼに、おっけさん?」と問われたので、
「うちらのネーミングセンスでわかるでしょ」と私。

チビたん=迎え入れた時、体が一番小さかったから。
まだ毛が生えそろわず餌も切り替わっていなくて、
オスかメスかもわからない状態でのお迎え入れ。

おっけさん=迎え入れたとき、体が一番大きかったから。
そりゃ「ジャンボ」と名のつくくらいですから。
雛っぴだったにもかかわらずデカかったんですよ。

こちらでは「大きい」を「おっけ」と言ったりします。
なので大きい仔だったから「おっけさん」。
OK?

というか名前を決める前にパパが、
「おっけ~」「おっけ~」とばかり呼んでいたら、
もうその名でしか反応しなくなった。。。

ということで暑さでやられ気味のインコたち。
夕方、私がケージのそばへ近づくと、
一応、出してアピールらしきものは、
20160803 (2)
それとなくします。
実際、開けたところで出てこないんですが。

ただこのとき、チビたん後方に、
20160803 (3)
おっけさん。
真正面から見ると眼が見えません。
鳥の半目フェチの私としてはちょっと残念。

だがしかし、
チビたんの後ろから私を見つめるその眼は、
20160803 (4)
毛に埋もれ小さいながらも見えます。
体や顔の大きさに対しての小さな眼。

その小さな眼で
20160803 (5)
私をキラーン。
チビたんをケージから出すな。という無言の圧力。
そんなおっけさんに隅へと追いやられるチビたん。

出入り口を開けても出たり出なかったり。
部屋が暑すぎてインコたちも何気にバテ気味です。

ケージから出てこない日は、
20160803 (7)
2羽仲良く狭いセメントパーチの上でウトウト。
まった~りと過ごしてます。

その様子がこちら。


ウトウトしながらイチャイチャ。
チビたんが、おっけさんの毛づくろいをしてみたり。



相変わらずマイペース。
おっけさんも呼び鳴きが落ち着き、
今はチビたんとイチャコラする日々です。



※オマケ
昆虫飼育は今年もやってます。
ブログは → こちら
動画は → こちら


2016/08/04 10:26 | 動画TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»